昨日2月28日(火)、市役所のマイクロバスを利用した市内公共施設見学会が実施され、自治会員計16名(女性8名、男性8名)が  参加しました。

 朝9時に大豆屋前に集合し、まず柳島管理センターを訪問、相模川流域下水道の処理について説明を受けました。

 本管理センターでは相模川東側地区の相模原市から下流域の9市3町の世帯をカバーしており処理人口は約126万人との事でした。

 11時に寒川浄水場を訪問、相模川から取水した水の浄水処理及び水質管理について説明を受けました。本浄水場で処理された水道水は厚木、藤沢、茅ヶ崎市等の11市3町に給水されており給水人口は約126万人となっています。

 

その後萩園いこいの里で昼食の弁当を食べた後、13時20分に萩園の環境事業センターを訪問、ゴミ焼却についての現場を見学しました。

 15時に堤十二天最終処分場を訪問、ゴミ焼却場で排出された焼却灰の処分場を見学しました。周りの地域への環境汚染の防止策等丁寧な説明を受けました。

 

15時45分に大豆屋前に戻り、解散となりました。

 

各場所では、皆さんより熱心に質問が出て、係の方からの回答を得て大変勉強になりました。今回は、現場見学も丁寧に案内していただき、予定より時間がかかったため、昼食時間が短くなりましたが皆さん大いに満足されたものと思われました。

 



    柳島管理センター屋上

寒川浄水場

萩園環境事業センター

寒川浄水場

萩園環境事業センター

堤十二天最終処理場