平成30年5月20日

 

 平成30年度出口町自治会の定期総会が4月22日に無事終了してから早くも1か月が経ちました。

 

2期目の会長職となりますが、本年度も子供から高齢者まで住みやすい街造り、活性化した自治会を目指して頑張っていきたいと思っていますので、皆さんの協力を是非お願いします。

 

 さて総会でも説明しましたが、本年度の主要な施策・要望を下記通り述べたいと思います。

 

   1) 昨年よりカラス被害の対策の為にゴミネットボックスを導入しました。昨年5月に回覧を回して以降10月までで計27台のボックスを

    設置しましたが、カラスの被害は大幅に減ってきており又、利便性・景観面でもより改善されたとの評価も得ています。

    昨年度はゴミネットボックス27台で約70万円の支出となり全支出の25%を占め、財政面ではかなりのインパクトとなりましたが、

    本年度も引き続き約36万の予算を用意しました。

    5月1日付の回覧にてゴミネットボックスの設置のお知らせを回しており、今日現在で既に4台のボックス設置をしました。ゴミネット

    ボックスを希望の利用グループは、早めに依頼書を当該の境指導員に届けてください。

 

   2)   本年度も種々自治会および関係団体の主要行事が予定されています。是非皆さんの積極的な参加をお願いしたいと思います。日常の

     生活ではなかなか町内の方達と話す機会はないと思います。

    各種の行事参加で是非一人でも多くの方達との懇親を深めて頂きたいと期待しています。具体的には5月27日の海岸清掃、6月3日の

     球技大会、7月8日の地引網大会、8月下旬のラジオ体操等予定されていますので、お子さん含む家族での参加を希望しています。

    一方、総会時に自治会活動への要望事項を頂いていますので、新たな企画も検討していく所存です。

 

    3)   ここ2年間で新しい宅地開発に伴い新規の住宅が増えてきました。市役所発行の人口・世帯数の資料によれば2017年4月からの

     一年間で、出口町では41世帯(約5%)が増加しています。本年度も引き続き新規の住宅が増える見込みです。近所に新しく引っ

     越してきた世帯には、当該の組長が自治会への勧誘を担当することになっていますが、ゴミの排出の仕方等生活面でのアドバイスは

     積極的にやって頂きたいと思います。比較的若い世帯が増える事で、子供達も増えてきています。自治会での各種行事等を通して

     子供から高齢者までがより活性化していく事を切に期待しています。